タニタが「iモード」携帯を活用した万歩計を開発

FujiSankei Business i.より

体脂肪計などで知られるタニタ(東京都板橋区)は、玩具大手のタカラの子会社、
タカラモバイルエンタテインメント(東京都千代田区)と提携し、
携帯電話に接続してバッグに入れておくだけで、歩数や消費カロリーの集計が
自動的にできる万歩計「アイ・ステップウォーク」を開発した。9月1日から販売する。

NTTドコモのiモード対応携帯電話につなぐだけで、自動的に専用のサイトに接続され、
管理サーバーに日々歩いたデータを送信する仕組み。
専用サイトでは、自分の歩数データを日、週間、月間でグラフ化して表示できるほか、
目標歩数の達成率を管理したり、歩数距離、消費カロリーなどに換算できる。

歩数計測に3軸3次元センサーを採用することで、従来のように腰に装着しないで、
バッグやポケットの中に入れていても歩数をカウントする。
最大で99万9999歩を表示でき、過去6日分とその合計を本体にメモリー保存する。

恋愛ゲームや健康クイズなどのゲームも楽しめる。
オープン価格だが、実勢価格は5000円前後になる見込みだ。


面白い試みですね。
万歩計は今そんなにしなくて買えるはずなので、
腰に装着しないこのタイプは受け入れられるのでしょうか?
散歩好きでdocomoの携帯を持ってる方はぜひ。
[PR]
by cri_ss | 2004-07-31 18:23 | ニュース


<< NTTドコモ、フェリカ普及へ費... 7月30日のフィットネス記録 >>