アサヒがペットボトル入りビール発売へ、若者層狙い

読売オンラインニュースより

アサヒビールは8日、年内にペットボトル入りビールを発売すると発表した。
ビール用ペットボトルを開発したのに伴い、商品化にめどが付いた。
ビール大手がペットボトル入りビールを商品化するのは初めて。
ペットボトル慣れしている若者層のビール購買意欲を一層刺激する狙いがある。

ビール用ペットボトルは、容器の内側に酸素や炭酸ガスを通りにくくする
特殊な膜を張る。
容器の外側も特殊フィルムで覆って日光に当たらないようにするなど、
従来の製品に比べて風味や品質が劣化しにくい工夫を施したのが特徴だ。
同社は約8億円を投資して、福島工場(福島県本宮町)に
ビール用ペットボトルの製造工程を新設する。

ペットボトル入りビールは、地方の地ビールメーカーの中には商品化の例がある。
大手では、キリンビールが1994年に開発したものの、
当時は「消費者ニーズが不明確」として商品化は実現しなかった。


自分は下戸なのでお酒は飲めないのですが、とりあげてみました。
でもなんとなくビールは、ビンがやはり美味しそうな気がするんですけど。
若者向けはいいいですけど、未成年のお酒の購入に助長しないように、
気をつけたデザインつくりなどして欲しいものです。
未成年の飲酒は法律で禁止されています。
[PR]
by cri_ss | 2004-07-09 16:32 | 食べ物


<< 7月9日のフィットネス記録(本... 7月8日のフィットネス記録 >>