超高級13万円のオムレツ キャビア、トリュフなどふんだんに

FujiSankei Business i.より

究極の卵料理はいかが-。
高級ホテル、ザ・リッツカールトン大阪(大阪市北区)の朝食メニューに、
サービス料・税込みで13万515円(2人分)という「1000ドルの豪華オムレツ」が登場した。

烏骨鶏(うこっけい)の卵、キャビア、オマールエビ、トリュフなど高級食材をふんだんに使う
豪華オムレツは3種類。同ホテルメーンダイニング「ラ・ベ」のシェフが目の前で焼き上げる。

1日1組の限定で、店内はもちろん貸し切り。食事中にはバイオリンの生演奏が流れ、
高級ワイン「ドン・ペリニョン」も付く。明坂睦子・パブリック・リレーションズ・ディレクターは
「優雅でぜいたくな朝食は非日常的で、当ホテルのイメージにぴったり」と
豪華メニュー誕生のきっかけを話す。
一般人にはちょっと手が出ない企画だが、「問い合わせは何件かある」と明坂氏。
“1000ドルオムレツ”を賞味する人はいつ現れるのか。
希望者は3日前までに予約が必要なのでお忘れなく…。


13万・・・。
いやはや朝からワイン飲んで生演奏を聴いて美味しいものを食べる。
うーん、どうなんでしょう。確かに贅沢ではあるけどねー。
誰かチャレンジをしてみてください。
[PR]
by cri_ss | 2004-09-09 12:56 | 食べ物


<< 9月9日のフィットネス記録 カレーでアルツハイマー予防、金... >>